【アメリカ旅行は必須】ESTAの申請方法

ESTAの具体定期な申請手順

パネパカード

ESTA(エスタ)」とは「Electronic System for Travel Authorization(電子渡航認証システム)」の略でテロ対策のために、アメリカに入国する人の情報を確認するためにできたシステムで、ビザとは違うので注意が必要です。

留学ビザ、就労ビザなどを持っている人はESTAの申請は必要ありませんが

観光など(厳密には観光、ビジネスなどで90日以内)の場合は必ずESTAの申請が必要です。

(アメリカ本土以外でもハワイ、グアム、サイパンも申請が必要なので忘れないように)

ESTAの申請はインターネットで簡単申請

料金は14ドル 料金は14ドル、大人でも子供でも必ず一人一人個別に申請が必要なのです支払いはクレジットカードかデヴィットカードなのでアメリカに行く人はまずはカードを作らないければいけません。VISA、MASTER、DISCOVER、AMEXが利用可能です。

72時間ESTAの申請はお早めに

ESTAの申請はインターネットで行いますがプラウザによっては不具合があるのでインターネットブラウザはIE Internet Explorer)を使いましょう。

72時間前というのを強調したのは、基本的に申請すると数秒以内に「承認」「拒否」の回答を受け取ることができますが、万が一「保留」になった場合は最大72時間かかってしまうのです。

ESTAは「拒否」された場合はビザを取る必要がありますが、その場合は数週間かかってしまうのでできるだけはやくESTAを申請するのが無難といえるでしょう。

ESTAの申請自体はそんなに難しくなく、大体15分位、早ければ5分位で申請できるのでこのページを見たらすぐに申請するというくらいでちょうどいいかもしれません。

またESTAの申請には詐欺サイトもあるので自分で申請する場合は必ず公式サイトで申請しましょう。

ESTA公式公式サイト