海外旅行で覚えておきたい「軍隊式」パッキングの方法

海外旅行で覚えておきたい「軍隊式」パッキングのやり方

海外旅行荷造り

「荷造りのコツは軍隊式!!」と聞いて少し
「??」となっている人もいるかもしませんが

荷造りのコツ、基本的な約束は

  1. 「もしかしたら使うかも」「あったら便利かも」という荷物は持っていかない
  2. なるべくシワにならないような服を選ぶ
  3. 帰りのために「お土産」を入れるスペースを確保しておくこと

この3つです。

服を畳む方法は2つある。

さてにスーツケースに荷物をパッキングする上でまず最初に紹介したいのが【服】の畳み方です。

一つは馴染みがあまりないかもしれませんが「ロールケーキ型」です。 人によってはクルクル型という人もいます。

図を挿入

図の通り、服をミルフィーユのように重ねていく方法です。しかしこの方法は大量に服を持って行きたい場合であったり小さめのスーツケースに限って有効なのであまり使い道はないと思います。

そして2つめが私がおすすめしたい「軍隊式」の畳み方です。 人によってはバームクーヘン型だったり、ロールケーキ型だったしますが 今回はその進化版の「軍隊式」を紹介したいと思います。

実は軍隊式の畳み方は海外旅行のみならず、登山やキャンプなどでも良く使われているようですが

畳み方は動画を参考にしたほうがわかりやすいでしょう。


液体は小さく、ビニール袋に入れるのが吉

化粧品などの液体物は飛行機内への持ち込みが制限されているので まずはチェックしましょう。

機内持ち込み

液体はそのままスーツケースに入れてしまうと中身が飛び出た時に悲惨なことになってしまうので、漏れないようにビニール袋にいれるのがよいでしょう

旅行用の小さなものを選択するのも良いですし、サンプルを利用するのも一つの手です。

いま使っているシャンプーなどは100円ショップなどで販売してある旅行用の容器があるのでそれを使うと便利です。

>

小分けにしておけばスーツケースのちょとした空間を利用できますし、アクセサリーや軽いもの、小さな物は最後に詰めることで見つけやすくなります。