海外旅行でのスマホの設定と注意点

海外旅行でのスマホの設定

海外旅行スマホ設定

海外でもスマホの設定は簡単です。

もしかしたらあなたの周りに

「スマホの設定を間違えた」
「海外での通話を甘く見ていた」

といって高額請求を被った人もいるかもしれませんが基本的なことを抑えればほとんどの人は簡単に、そして確実にスマホの設定をすることができます。

海外でスマホを使う時の設定を掲載しているページはいくつかありますが分かりやすさを追求して2つ

通話やSMSを使いたいのか、それとも必要ないのかで分けたいと思います。

私の場合、海外では通話やSMSは使わず、日本にいる友達や家族にはLine現地での地図やSNSはアプリを使いたいと思っていました。

ほとんどの人は私のように地図やLineなどのアプリを使うけど、旅行中は通話やSMSは使わないかとは 思いますが

そんな人におすすめの方法が機内モードとwi-fiを「ON」にする方法です。

一番簡単確実なのが機内モードとWi-Fiを「ON」

海外旅行wifion

海外旅行に行く人は恐らく飛行機で渡航先に行くかと思います。その時にまずつかうのがスマホの「機内モード」です。

通話・SMSもしないし、データ通信もしない。カメラと目覚ましだけ使うという人は現地に着いてからもこの「機内モード」を「ON」にしたまま過ごすことになります。

機内モード」は飛行機の機材に悪影響を与えないように電波を発する機能を無効にする機能で高額請求の元になる「データローミング」と「モバイルデータ通信」を「OFF」にすることができます。

機内モードにさえすれば「データローミング」と「モバイルデータ通信」を無効にすることができますが念のため確認しておきましょう。

そして現地に着いたら「機内モード」のままwi-fiを「ON」すれば現地のスタバやマックなどのカフェあるいはホテルのwi-fiでインターネットやアプリを使えるようになります。

ホテルの有料wi-fi、カフェの無料wi-fiだけではなくていつでもどこでもLineや地図アプリをつかいたいという場合はxmobile やGLOBAL WiFiなどのモバイルルーターを出発前にレンタルしておきましょう。

海外WiFiレンタルGLOBAL WiFi

docomo、au、SoftBankなどの携帯キャリアでも海外スマホの設定をすることによって日本と同じようにスマホを使う事はできるようになりますが

料金が1日3000円近くかかって割高なことと、設定を間違えて高額請求の可能性が高くなってしまうことを考えるとこちらを選択しない理由があまりないように思います。

簡単に言うと
  • 機内モード」をON
  • wi-fiを ON
  • モバイルルーターをレンタル

でほとんどの人がこれで海外旅行でのスマホの設定は攻略できると思います。

通話・SMSはdocomo、au、SoftBankアプリ

通話アプリ

ですが、中には仕事などで国際電話を掛けたい、SMSを使いたいという人もいると思います。

海外で電話・SMSを使う場合は

  1. 機内モードを解除
  2. モバイルデータをON
  3. データローミングをOFF

の3つを確認しましょう。

渡航先で電話を使うときはまず「機内モード」をOFFにしなければなりません

機内モードをOFFにしたら次はモバイルデータをON、そしてデータローミングはOFFです。
モバイルデータは何もしなければすでにONになっているかと思いますが

特に注意して欲しいのが「モバイルデータ」です。 Androidの場合は「ローミング」と表記されているかもしれませんがこれをOFFにします。

iPhone5などLTEに対応している機種はこれもOFFにします。 「4Gをオンにする」という項目をOFFにしましょう。

以上で海外旅行中にスマホで通話をする設定方法でした。

海外旅行中にスマホを使って高額請求「パケ死」に陥ってしまうのが

「データローミン」をONにしてしまって日本に携帯キャリアが対応していない 回線に繋がってしまい高額になってしまうパターンです。

海外でも日本と同いじようにスマホ使う携帯キャリアの海外スマホ 「海外ダブル定額」ですとか「海外パケ・ホーダイ」「海外パケットし放題」など 様々なサービスがありますが

1日あたり2980円とモバイルルーターを使うよりもかなり高いですし

定額が適用されない通信会社に繋がってしまうと、本人があまり使った気がしなくても 平気で10万円を超えます。

「たいして使った記憶がないのに旅行から帰って来たら10万円の請求が来た」 という人が割と多いのでメインから省きました。

海外でモバイルルーターを使わずに日本と同じように使うようには携帯キャリアの 設定をしなければなりません。

海外の通信業者がすべて海外定額サービスに対応している訳ではありませんが、渡航先で スマホの電源をつけるとSMS(ショートメール)で定額サービスに適応しているかなどの 注意点などの案内が送られてきます。

基本的な設定は通話・SMSの設定と同じですが現地の通信業者を利用する「海外定額サービス」は「データローミング」をONにします。

iPhoneの場合はキャリア→ネットワーク選択で「自動」をOFFにしてパケット対象業者を選択 しましょう。

各携帯キャリアの「海外定額サービス」の設定は で前もって確認しておきましょう。