海外でコンセントは通じない?覚えておきたいスマホの充電テクニック

海外の旅行先でのスマホの充電もこれで完璧!

コンセント海外

質問者の写真

Where's the consent?(コンセントはどこですか?)

解答者の写真

「????」

質問者の写真

あれ?通じないぞ?




海外で電源を確保したい時に、現地の人に「コンセント」と言っても残念ながら通じません。

コンセント自体はいわゆる和製英語なので、「電源はどこ?と尋ねたい時は」power outlet,あるいはsocketなどを使用しましょう。

iPhoneやアンドロイドなどのスマホに限ったことではないですが海外旅行先でなにげに困るのが電源の確保

スマホなどはバッテリーなどを持ち込んで対応することもできないことないですが、長期の滞在やスマホ意外のドライヤーやパソコンなどの電源を確保しておきたい所です。

海外で電源を確保する時にまずチェックして欲しいのがコンセント(プラグ形状)と電圧です。

当たり前ですがプラグの形状が違うと充電することはできません。

図を描く

プラグの形状はガイドブックなどには必ず乗っていますし、web版の「地球の歩き方」などを見れば簡単に確認できます。

スマホの充電には「変圧器」はいらない?

さてコンセント(プラグ)については大体分かってもらえたと思いますが、次に覚えて貰いたいのが電圧で,日本の家庭での電圧は通常100Vです。

充電アダプタの裏を見てみると入力AC(INPUT)100Vであったり
100-240Vや100/240Vという表記があると思います。これは「100~240Vまで対応しているよ」ということです。

図を挿入

一部に例外はあるものの、図のように海外旅行で行くような国はこの100~240Vの範囲なので変圧器を使わずに変換プラグだけでOKということになります。

変圧器を使わないといけないのはこれに対応していない日本国内専用の充電器だったりドライヤーなどです。

私の場合は変圧器は使わないのですが、女性の方はドライヤーなどが必要かと思います。

「じゃあ変圧器が必要なの?」と思いがちですが、意外と変圧器が重たい、変圧器よりドライヤーの方が安いということを考えると

変圧器を買わずに、素直に100~240V 50/60Hzと表記されたドライヤーを買ったほうがいいでしょう。

Amazonでドライヤー

ツイてる!!ときは旅先で充電スポットが使えるかも

外出中にはスマホのバッテリーが切れるというということよくある。それを見越してバッテリーチャージャを持ってくことをおすすめしたいのですが

「ホテルに忘れた」「用意してなかった」という人は運が良かったら近くに無料のスマホ充電スポットがあるかも。ソフトバンク、Docomo。auは充電可能なスポットを公開しています。

それぞれのページで前もって確認すると吉

NTTドコモ(無料充電サービス、充電器無料貸出サービス)
KDD(I 充電器無料貸出サービス)
ソフトバンクモバイル(無料充電サービス)