円からドル、現地通貨への両替

現金を両替する時の場所は通貨の強い弱いで考えよう

海外両替

円をドルあるいはユーロなどその他旅行先での現地の通貨へほとんどの人は両替することになると思います。人によっては万単位で両替するという人もいるかもしれません。両替する場所や施設によってレートも違います。

10万円以上両替するような人にとってはレートによっては数千円違うこともああるので両替については少し考えておきたい所です。

ですが両替で得をするには、あるいは日本で両替するのか旅行先でするのか場所が分からないというときは

強い弱いで考えましょう

強い弱いとはズバリ、その通貨が日本の円よりも信用度があるかどうかです。

円より強い時は日本で、円より弱い時は現地で両替しましょう。

例えば中国の元、韓国のウォン、バーツやシンガポールドルなどは日本の円よりも信用度は低い、弱いので現地で両替した方が良いです。

逆にドルやユーロは基本的に円よりは強いので日本で両替しましょう。

簡単にいうとドルとユーロ以外は現地で両替したほうがお得ということです。

どこで両替できるの?現金が両替できる場所

日本で両替するときは郵便局、銀行、外貨両替サービス、成田・関西空港その他金券ショップなどがありますが、日本国内でしたら何処でも大差ないので最寄りの場所で両替すればよいでしょう。

銀行なら3円、郵便局なら2,8円と若干郵便局の方が安いのでもしどちらかを選ぶのであれば郵便局かなとは思います。

渡航先、現地で両替するときには空港、銀行,両替所などがあります。


ただし現地で両替した時にはお金を受け取ったら、その場で確認することが重要です。

例え銀行で両替したとしても、両替したお金が実際より少ないこともあり、後からクレームを言っても、相手にしてもらえないので、列から出ず絶対にその場で確認することが必要です。

高い買い物をするときはカードを使えばいいのですから

ジュースやチップ、バスや鉄道などで使う程度なので、盗難・紛失のことも考えて少額ずつ両替しましょう。

両替で一番お得なのはカードのキャッシング

キャシングと聞くとあまり良くないイメージもあり抵抗がある人も多いと思います。

確かにキャッシングは普段お金を借りる手段としてはあまり良いとは言えませんが

海外旅行に限っては利息を込で考えても銀行カードよりもより良いレートでお現金を引き出すことができます。

それどころか日本よりも弱い元やウォン、バーツなどは空港や両替所で両替するよりもお得に両替することができます。

もちろん使い方には注意が必要ですが、あまりなじみのない地域で、しかも初めて海外旅行に行くような場合はいっそのこと、現地の両替所を使わずにキャッシングで済ませてしまうのも一つの手です。

そもそも両替所で並んで確認するといった面倒な過程を省略できるのはかなり魅力的ですが

それでもあくまでお金を借りているということ、借金ということに抵抗がある人も多いかと思います。

そんな人は素直にマネパカードなどの海外プリペイドを利用するのがお得です。

銀行系の国際キャッシュカードよりもかなりレートはいいですしあらかじめ口座にお金を振り込んでおき現地のATMでお金を引き出せばキャッシングを使わなくてもかなりお得に両替することができます。

10万円以上の両替の場合キャッシングよりもレートが良い場合もあり、私はクレジットカードの他にマネパカードなどの海外プリイペイドを作ることをおすすめしているのは

キャッシングを使わずに海外プリイペイドを使って現地ATMから現金を引き出すのが一番満足度が高いのではないかな〜と思っているからです。

シャッシング=借金はやはり少し抵抗がある人も海外プリペイドなら安心ですし、お金を分散して持つという観点から見ても海外プリペイドはかなり活躍するかと思います。↓

両替でも活躍する海外プリペイド