海外旅行で失敗しないスーツケースの選び方

海外旅行で失敗しないスーツケースの選び方

スーツケースおすすめ

スーツケースはレンタルがおすすめ

最近ではスーツケースは1万円以下のものも大量に販売されています。

もちろんその中にも探せばまあまあ使えるスーツケースはあるかとは思いますが正直あまり期待はしないほうがいいかと思います。

昔と比べれば安いスーツケースが多く販売されているので海外旅行に行かない人にとってスーツケースをレンタルするという発想自体がない人もいるのですが

「使い込んだスーツケースを持ち込みたくない」という人は別ですが、年に一度程度しか海外に行かない人にとってはスーツケースのために押入れのスペースを使うのは馬鹿げた話ですし

一万円台のスーツケースを買って一回目で壊れてしまうという話も珍しくはない(運の要素がある)ので、頻繁に海外旅行に行かない人はレンタルでいいと思います。

スーツケースレンタル専門店 ククレンタル

どうしても新品のスーツケースが欲しい、あるいはこれから頻繁に海外に行くことになるという人は一万円台からサムソナイトなどの一流メーカーが見れる「地球の歩き方」ストアを参考にするといいでしょう。

海外旅行関係ではかなり知名度もありますし、スーツケースのショップの中でもわかりやすく掲載しているのでおすすめです。

スーツケースの大きさ

スーツケースはは同じ機種でも様々な大きさが用意されていることがほとんどです。

S、M、L、LLなどと表記されていますが、メーカーによって大きさが違います。

自分の渡航期間からスーツケースの大きさ、容量を決める場合がほとんどですが、

自分の体格に合っているか?

帰りにお土産を入れるスペースはあるか?

などを考えて選択するのがポイントです。

機内持ち込みは158センチ10キロ、預け入れ荷物は160センチ以内で重量には制限があります。

預け入れ荷物に付いて

初めてスーツケースを使おうという人は大は小を兼ねるということで「スーツケースは一番大きいものを選択したい」という人もいるかもしれませんが

スーツケースは一般的に大きいほど壊れやすいです。

先ほど同じ種類のスーツケースでも様々な大きさ、サイズがあることを紹介しましたが
基本的大きさは違ってもそのスーツケース機種に使われているキャスターパーツは同じもの なので大きければ大きいほど負荷がかかって壊れやすくなります。

ですので家族で海外旅行に行ったり、大量の荷物を持っていく場合は100リットルサイズのスーツケースを持っていくよりも70リットル程度のスーツケースを2つ用意したほうが、壊れにくく、重量超過にもなりにくく、移動もしやすいです。

スーツケースの性能は価格に比例する

最近では1万円台のスーツケースも多く登場しています。

楽天などの通販サイトを見るとグリフィンランンドのスーツケースなどもあり一概には言えませんが基本的にはまともなスーツケースという意味では大体2〜3万円以上の有名スーツケースメーカーのものを選択したほうがいいでしょう。

レンタルするときも安めのグリフィンランドも借りることができますが、せっかくならSamsoniteやRimowaなどがおすすめです。ノンブランドのスーツケースは価格が安いことが多いですが、壊れやすかったりする場合があるのであまりおすすめしません

軽いことはいいことだ

スーツケース本体が重くなるにつれて中に入る荷物の量は少なくなってしまいますし、スーツケースがあまりに重いと小回りが利かなかったり、国際線で追加料金を払わなくていいのは大体20キロ前後までなのであまり重いと数万円の追加料金を払うことになります。

軽くても薄っぺらくて安っぽいものがあり
単純に軽ければ良いスーツケースという訳ではありませんが、多少高くても軽いスーツケースを選ぶメリットは十分にあります。

頑丈さ、堅牢さ

スーツは基本的に消耗品です。空港でのスーツケースの被破損率は、私たちが考えているよりもかなり高いです。

最近のスーツケースはポリカーボネートやABSなどが多く使われている場合が多い様です。ボディ以外にも取っ手やキャスターなどの強度も重要です。

TSAロック

アメリカ空港内でテロ対策のために預け入れ荷物の施錠は禁止しされています。アメリカの空港から出発する荷物は空港職員(TSA職員)がX線検査を行い、不審な荷物があった場合はスーツケース鍵を壊しての中身を確認します。

このTSA職員が破壊したスーツケースの鍵に対しては補償がないので、その対応策としてTSAロックがあります。

TSAロックシステムはTSAが承認したもので、職員がマスターキーを使って検査するのでTSAロック対応のスーツケースは「施錠した状態」で航空会社に預けることができます。

有名メーカーのほとんど機種にはこのTASロックは付いているのであまり気にしなくていいかもしれませんが、万が一付いていない場合はTSAロック南京錠を使用しましょう

360度回転式4輪キャスター

以外と見落とされがちなポイントがこの360度回転式4輪キャスター

大きな空港だと500m以上も移動し、人が多いと小回りが利いた方がちょっとした段差の移動もスムーズで負担が幾ばくかは軽くなります。

細かいところですが360回転式4輪キャスターはそれ以外のスーツケースに比べてかなり楽チンです。

まとめると海外旅行でのスーツケースの選び方は

  1. 超過料金を払いたくないなら、スーツケース「3辺の和が158センチ以下」のものを選ぶ
  2. 大体価格が2万円以上のスーツケースを選ぶ
  3. スーツケース本体だけでなく、キャスター・取ってなどの質も確認する
  4. キャスターは360度回転式4輪キャスターを選ぶ
  5. TSAロックが対応しているかどうかを確認する。
以上5点です。

「人が使ったスーツケースは嫌だ」という人やこの機会に新しいスーツケースが欲しいという人はどうせ買うならしっかりとした作りで長く使えるのサムソナイト(Samsonite)「いいスーツケースが欲しいでもおしゃれなスーツケースが欲しい」人はイノベーター(innovator)当たりかなと思います。

購入するのはAmazonであったり楽天がであったりと一番安いところで購入すればいいと思いますが、高いスーツケースには偽物などもあるので信頼できるお店を使いましょう。

スーツケースを販売しているお店は多数ありますが海外旅行に必要な情報も見やすく掲載されている地球の歩き方ストアでどんなスーツケースが自分にあっているのかを見てみるといいかもしれません。

超軽量TSAロック付きスーツケース「地球の歩き方ストア」

スーツケースのレンタルなら除菌や破損した時にも保証があるスーツケースレンタル専門店 ククレンタル さんがおすすめです。