海外旅行で空港に行く前に確認したい預け荷物のチェクリスト

海外旅行で空港に行く前に確認したい預け荷物のチェクリスト

預け入れ荷物

初めての海外に行こうとした時に最初に何かトラブルに遭うことが多いのが手荷物や預け荷物です。

今回は空港の職員さんに 「残念ながらこれは預けられません」とい言われないように幾つかチェックしておきたいことを紹介したいと思います。

預け荷物は大体20キロ 飛行機会社によっても違いますが大体どこでも預けれる荷物の重さは20キロでそれ以上だと超過料金をとられてしまいます。

海外から帰国する時にお土産を買いすぎてしまいどうしても20キロを超えていまう場合は手荷物詰め込んだ方がいいでしょう

荷物には上限もありますがよほどのことがない限りは大丈夫です。 無料で預け入れができる荷物は航空会社やクラスによって変わりますが大体2つまでは無料です。(ただしANAは1つまで)

海外の多くの航空会社では3辺の合計が158センチまでのスーツケースが飛行機に乗る時に無料で預けられます(ただしJALは203センチ以下)です。

  • 預け入れ荷物の重さは20キロ以下
  • スーツケースには空きスペースを残さないこと。もしもスペースが空いてしまう場合は、荷物が動かない程度に新聞紙などを詰めておく

残念ながら荷物の取り違えは多い

航空会社で預けた荷物がきちんと現地に運ばれても残念ながら他の人が間違えて持って行ってしまうことがあります。そもそもスーツケース自体はよほど個性的でない場合はほとんど色やデザインは同じようなものなので荷物を受け取る私達も間違って持って行きホテルで気がつくなんてこともあるかもしれません。

スーツケース自体に
  • 名前と住所のタグは必ず付ける
  • 今から乗る飛行機以外のタグは全て取っておく
  • スーツケースには空きスペースを残さないこと。もしもスペースが空いてしまう場合は、荷物が動かない程度に新聞紙などを詰めておく

など当たり前かもしれませんが、自分の荷物がきちんと判別できるようにしておきましょう

またスーツケースの選び方によって乱暴に乱暴に扱われたりして預けた荷物の破損の確率が上がったりするので

スーツケースの選び方

を見て「良い」スーツケースを確認しておきましょう。

超過料金の相場は大体3000円〜2万円

これまた航空会社そして渡航先などによって違いますが、高くても2万円くらいです。
一律でとられたり、1キロにつきいくらといった形など各会社によって料金体系 まで違って面倒です。

自分の使う航空会社の預け入れのルールは最新の情報を確認しておきましょう